おやすみ~

寝る前に詩です。

 

 

夕暮れ牙をむき

闇夜の毒牙にかかる

めいめい酒を呷り酩酊

苦悩は膨大 ヒステリー球は肥大

居場所が無いと彼は黙ってうなだれる

わたしはひとり寂しさの涎を垂らす



知己の友も散り散りの日々

めいめい酒を呷り酩酊

叫びたいなら叫べ

死にたいなら死ね

腹に溜まった諸々のガス共にえずきながらも歩く

ゲロにまみれた男の軌跡こそ汚いが

それは確かに前進していた

ぽえむ

きょうは詩です。


空の心と長財布
空の預金に空手形

すっからかんの青空に
からしの効いたところてん

色が是空で是空が色で
空しいなみだに乾いた瞳

からくれなゐに水くくるとは
カラーギャングの仕業かな

カラーテレビに夢見た彼は
カラい未来に首括る

今日も今日とて環境汚染
吸って吐いての繰り返し

空のタンクに空元気
からから鳴って焼け付いた

からす鳴く鳴く夕暮れに
二色刷りの絵手紙を想う

空と思えば楽になり
空と思えば嘆いたり

空虚なものは何もなく
満ちたるものも何もなく

ただ空回る生活に
満ちぬと満ちてかえり道

ハッピーバースデー梅ー雨ー

今日は絵日記。

 

ペンタブは無いのでスケッチブックに描いた。

 

こちら。


f:id:sutename2012:20170609171355j:image

 

紫陽花を想像で描いた。

 

ほんものがこちら。


f:id:sutename2012:20170609171447j:image

 

花弁の付き方、雌しべだか雄しべだかの大きさがちがっていた。

 

やっぱり記憶ってあてにならないなあ。

6月心情メモ

朝は、友人が死んでいなくてよかった。
べつの友人が俺に会ったとき帰るなと言ったのが帰ってみればあいつに会うと疲れると言ったり口約束を破ったりしてつらいが乞食の手前文句も言えない。

イスラエルが許せない。無差別爆撃許せない。テロリストだって勿論許せない。
人を無差別に殺すことに大義名分を背負うな。理由なく殺せ。卑怯者ども。

どうせ殺される人間はどんな理由であれ納得など絶対にしないんだぞ。

抜けがけは許せない。俺だってデカいことをしたい。だけど大義名分なんてズルはしない。個人的な感情だけで殺したい。
だけど知人の自殺を何年も引きずっている俺だ。猫一匹すら殺せやしない。
葬式の死体を見ると悲しくて涙が止まらなくなる俺だ。人を死体にするなんてできっこない。

だからせいぜい脅すんだ。小さなバイクと髭面と、こころに隠したナイフに励まされ、びくびくしながら叫ぶのだ。
俺はみんなに買いかぶられ、小心者で、虚弱な肉体をもち、かならず焦り、いつもそわそわ怯えている。
そんな人に俺はなりたかったのか。それでもこれが今の自分で、避けられぬ関係だから愛する努力をしている。


はじめに書いた口約束というのは薬物の濫用についてで、私はそれを秘密にして欲しかったのだったが、ブログに書かれたということだ。
俺は、その処方薬をやってしまった日に、無意識下にアクセスされ、夢のようなひとつの気持ちを直視してしまった。
それ以来、どうも眠りが浅い。青空文庫をみれば抑圧から解放などされてはいけないんだと安吾が言う。私はまさしくその通りだと思った。
俺が抑圧から解放されてどうなる。欲を満たすための速度も腕力も持久力も無い。ただの非力な動物が生まれるだけだ。

人は一定の抑圧によって無意識にある剥きだしの動物を抑えてはじめて円滑な人間生活を送れるのだ。
その無意識にしまい込まれたパンドラの箱を開けてしまえば叶う事のない希望という名の苦しみが烈火となり襲い掛かる。

そうしたときはフッと火を消す。「そんなものはない」「幽霊の正体見たり 無」「ないものを恐れるなんてくだらない」
熾火がだんだんとくすぶっていく。しかしそれも消し炭のように簡単に再燃する。

こころがある限り夢を求めでもしなければ人はとてもまともではいられないのだ。
しかしそれも結ばれぬという苦しみが待っているのだから、なんとも空しいではないか。


だからただやっていくしかないのだ。わたしという生活を、わたしという命のために。


まったくその筈だったのだが、濫用によって妨げられたわけだ。俺はまた己と濫用を憎んだ。約束がどうであれやった私が悪いのだ。二度とやるものか。

 

続きを読む

友人らとの交流の雑記

蒲田への行き、環八で死ぬほど渋滞し、暑く、東京を呪った。

 

友人と合流、「この世界の片隅に」をみて「悲しくてやりきれない」が流れたところからラストまで何度も泣いてしまった。

 

自前の矢を賭けてダーツで一敗、矢を渡してもう一勝負で一勝痛み分け。カラオケでは劇中軍歌などで騒ぎ、居酒屋のドライゼロで酔う。

 

 

友人と別れ、東野氏宅へ上がり込む。

二人して、友人の土産のシガリロとバーボンを煽る。

 

翌日、何が食いたいか聞かれ、サクフワが欲しいと言うと、ルノアールトーストとボイルドエッグ、+50円。

アイスコーヒーを頼んだのにホットコーヒーでもおかわり扱い、100円。

 

あとはおなじみのカラオケでブルーハーツ、大声を出すとリミッターが外れて、精神には良い。

毎度会うたびカラオケばかりだが、私は同じことを繰り返すのは好きだから苦と思ったことはない。流石にヒトカラには滅多に行かなくなったが。

 

彼の部屋で自前の「おうた」を何曲か披露する。南極のように寒い歌詞、殆ど3コード進行のアカペラ、彼は称賛してくれ、素直に嬉しかった。

 

散歩をしながら、目につくもので駄洒落をかます。それも二つ三つではない、二桁は行くだろう、彼はそれで毎度辟易している様子だが自動思考は止まらない。聞き流すこともコミュニケーションのTipsだ。精々雑音に相槌をうつことに慣れてくれ。

 

彼はどうにも深刻で、ピョートル大帝の模造サーベルを帯刀して交番前で記念写真をせがむ割には小心者だ。

 

そんなビジュアルではなく、じっさいにボウイナイフでも胸に隠しておけば良いのにとふと思った。ボウイナイフはじつに彼の好みのナイフだと思う。決闘によく使われたものだ。ジャックナイフと違いシースナイフなので折り畳まれた刃を引き出す必要がないし、鍔も付いている。私も鑑賞用に欲しいと思っているくらいだ。

 

なんていう御託を相手の要求にかかわらずまくしたてるのが私の悪癖だがこれもどうにも止まらないものだから諦めて貰うか聞き流すことに専念することだ。聞き流すというのはスピードラーニング的な意味ではない。雑踏と区別はつくがどうもよくわからないことを言われたら、適当に相槌をうつテクニックだ。社会不適合者は、こういうTipsで武装して健常社会で戦うしかないのだ。私の手帳は鬱病で出ている。そういうことだ。

勿論我を通してやっていけるポテンシャルのある人々は別だ。平凡な気狂いの人生というのがこの世の最も悲惨な人生の一つと私は思う。

 

話は変わるが、東京は歩行者のための街だ。内燃機関を搭載するモビリティに厳しい街だと痛感する。

詳細は伏すが、私は原付走行不可の道に後戻りできないところで気付き、虹色の橋をヒヤヒヤしながら走ったのだ。まだ慣らしも終えていない新車で7000回転まで使って80km巡航したのだ。もう二度とナビ案内経路を確認せず出発することはないだろう。

つまり私は罪人だ。だが罪悪感などこれっぽっちも持っていない。裁かれるなら裁かれるだろう。それだけだ。

 

刑事罰が科される余地があることと罪悪の感を喫することは分けることができる。

私は何度見通しのよさを理由に一時停止を無視したか知れない。

 

生命は傷つけあわなければ生きていけない。

罪など人が勝手に作った概念に過ぎない。Tipsやライフハックに過ぎない。

どんなシステムも仕組みも同じことだ。どんな概念も同じことだ。

味噌と糞を区別する意味や理由は生きるためということだけだ。

罪悪感など感じたらその意味を探るべきだ。それが生まれる理由はあまり問題ではない。

何故なら理由はいくらでも見いだせるからだ。しかしマイナスな感情に意味などあるのだろうか?生きるため備わった機能に過ぎない。どうでもいい。誤作動を起こしたマシンは再起動でもすればいい。人間はそうもいかないのだから自分で機能やスイッチを増設するなりしてどうにかすることだ。

意味も理由も見出すものだ。本質的には虚無しかない。これは朗報で、悲報に聞こえるなら悲報を見出しているに過ぎないのだ。

ひとことで言うなら、深く考えないことだ。それでも沸いてくる症状に、医師の診断のもと、薬を処方量入れれば、わりと生きやすくなるものだ。そんなものだ。

 

帰り、環七、メッシュの鎧にウィンドブレーカーで、寒く、道は空いていた。

熱いシャワーを浴びて、寝て、起きて今日記を書いている。

 

さいごに、友人らに好評を頂いたため、非公開で書いている日記に記したなかの一曲をここに公表してみようと思う。好評だけに。

機材はないから、コードと、歌詞のみ。みんなの感想を待っている。

 

デルタブルース

コード
A E D


三角州 おれは三角州

きっと三角州 ずっと三角州


俺は三角州の男だった 生まれた時から三角州

大海原にケツ向けて とんがり頭を削られる

ここには肥沃な土や草木も なんでもあるのに

橋一本もかからない 鳥一匹も来やしない


あぁ こんな冷たい孤独な三角形

デルタブルース歌っても 外出るタイミング来やしねえ





ある日男が降り立った 落下傘を開いて

男は土地を耕し 雑木林を切り開く

俺はまんざらでもない気持ちで 付き合っていたが

ある日あいつはいかだを作って それっきりバイバイ


あぁ 俺に残ったのは荒れ果てた畑

踏み荒らされた土地 いくつもの切り株


このままじゃ 川の流れにすり減っていくだけ

孤独に蝕まれていくだけ 1000年もすりゃあ消えるだけ

100年もしないうちに 俺の心は沈没だ

だから俺は橋をかけるよ この歌で橋をかけるよ

やる人

遊んだり、暴れたので体中が痛いです。

 

やることを躊躇せずやったらいいと思いました。

続きを読む

自分語り禁止令

「みんな集まったか?」

 

「見張りは?」

 

「すべて万全だ。全員の身元も洗ってある」

 

「よし・・そしたら始めるぞ。」

 

薄暗い地下室のような場所で薄汚れた男たちが数人、寄り集まって座り込んでいる。

 

「おい、急げ!隣の地区にガサ入れが入ったって!」

 

「ああ・・!それじゃあ行くぞ・・・よく聞けよ・・?」

 

ごくり、と唾を飲む音が響いた。

 

「あのな・・?俺、実はな・・・・・?今日な・・・?」

 

 

続きを読む